一般用医薬品とは

ワンステップ排卵検査薬を通販する場合の注意点

排卵検査薬も一般用医薬品に変わりました

一般用医薬品とは、市販薬や家庭用医薬品の事を指すそうです。

薬という扱いだけど、効果や副作用、取り扱い方法など、人体へのリスクが少なく、広く一般的に取り扱う事が出来る薬が対象となります。

この辺りの詳しい説明については、ウィキペディアなど見ればわかりやすいと思いますが、処方箋薬のように、医者が特定の疾患を持つ患者に対して使用を許可する薬とは違い、消費者自らが自己治療の手段として用いる方法だと言えます。

では、このような薬のルールはいつ頃決まったのでしょうか?

確認してみると、2006年の薬事法改正によって定期されたらしく、「つい最近じゃん!笑」と驚かされました。

それから、10年後の2016年に排卵検査薬が一般用医薬品(第一類)の扱いに変わったように、まだまだ、ルールの統制がなされていない印象を受けます。

何にしても、排卵検査薬が通販で買えるようになったのは、一般用医薬品の扱いに変わったのは、購入する側からしたら良い事ですね。

排卵検査薬は、体外検査薬として皮膚に塗る外用薬でも服用する薬でも無いのに、分類上の都合で通販できなかった訳ですが、それが、一般用医薬品に変わり、通販できる場所も増えてきているようです。

なので、日本でも通販が普通に行えるようになれば、選択肢も増えるかなと思います。

後は、性能や価格の違いで、ワンステップ排卵検査薬など海外製で安く感度設定の良いものを選ぶか、日本製にこだわるかの違いなのかなと思います。

たくさん使うなら、ワンステップ排卵検査薬が一番コスパ良いですけどね。

ページ

Copyright (C) 2017 ワンステップ排卵検査薬を通販する場合の注意点 All Rights Reserved.