卵子は老化するんですか?

ワンステップ排卵検査薬を通販する場合の注意点

卵子も精子も年齢とともに質が低下するそうです

”卵子老化”という言葉が聞かれるようになってきましたが、年齢とともに卵子は老化してしまいます。すると、流産しやすくなったり、染色体異常でダウン症の子が生まれやすくなるなど、色々な弊害が生じやすくなってしまいます。

そもそも、卵胞(卵子)は、生まれる前に作られた原始卵胞というストックの中から、毎月選ばれたいくつかが成長していくので、一番最初に誕生してからの年齢を単純に考えると”年齢+1歳”という事になります。

毎月、選ばれた卵子が成長していくので、卵子そのものがずっとあったわけではありませんが、そうして成長した卵子も、20代、30代、40代では、形が異なるのが明らかになっています。

20代では、凹凸の無いきれいな表面をしている卵子も、年齢を重ねる毎に、表面がデコボコしやすくなるだけでなく、高齢妊娠の年齢のさしかかる40代では、そもそもが卵子として成長しきれなかったものも増えてくるそうです。

となると、”年齢=卵子の質”という関係は、切り離すことが出来そうに無いようです。

妊娠を希望する年齢が40代以上と高くなっている傾向にあるので、不妊治療としても、卵子の老化を防ぐ研究なども進んでいるそうです。また、将来的には、iPS細胞から卵子の元を作り出せるようになるかもとも言われています。

でも、まだまだ先の話。

同じく精子も老化してしまうそうです。
こちらは、正確には、精子を作り出す環境が老化して、正常な精子の数が減ってくるという事のようです。

精子自体は、年齢問わず、精巣で作られ続けるのですが、卵子と精子のどちらも、このような年齢の壁があるので、子作りは、出来るだけ若い方が良い事に変わりなさそうです。

ページ

Copyright (C) 2017 ワンステップ排卵検査薬を通販する場合の注意点 All Rights Reserved.